【代替え案】ホームタップは高い?家庭用ビールサーバーならコスパ◎だぞっ

ホームタップ 高い キッチンツール

キリンの家庭用ビールサーバー・ホームタップに人気が集まっています。家で生ビールが飲めるというのは、今の時期そそられますよね~。ですが残念ながら今は3カ月の予約待ち状態。そしてネックになるのがお値段で…4ℓで¥8.250(税込み)は高く感じる人が多いようです。※2020.6.3現在の状況

ちょっと高いんだよな~。でも家で生ビール飲んでみたい!
予約待ち!っていうのも残念だわ

ホームタップ導入にお悩みの方へ!今日はホームタップの代替え案を考えてみよう☆という事で、自宅で美味しいビールが飲める!ビールサーバーも紹介したいと思います。
家飲みをもっと美味しく!ワンランクUPして楽しみましょう!

\ホームタップの代替え案/
人気ビールサーバーを見る

ホームタップは本当に高い?

ホームタップ 高い

ところで、キリンのホームタップって、本当に高いのでしょうか?毎月定額¥8.250という価格帯が高く感じるだけ?実際どうなの?という事で、1杯あたりの価格を調査してみました。

ホームタップの料金体系
月4ℓコース ¥8.230~
月8ℓコース ¥12.430~
単純計算にはなりますが、
月4ℓコース:中ジョッキ1杯 823円~
月8ℓコース:中ジョッキ1敗 622円~
※中ジョッキ400mℓでの単純算出です

一般的な居酒屋よりちょっと割り増し感がありますね。

一般的な居酒屋よりは少し高いかな~
缶ビールに比べるとやっぱり高いわ…

その他にもホームタップには弱点があります

ホームタップの弱点は?
・料金が若干高い
・美味しすぎて1カ月4ℓ じゃ足らない
・大人気すぎて3カ月待ち
中ジョッキ10杯位だけど、1カ月で足りる?
いや、足りる気がしない…(汗)

もし、足らなくなったら追加で注文をする事は可能ですが、その分コストもかかりますね。
そこで!もう少しコスパ良く家で美味しいビールが飲めそうなビールサーバーを探してみました。

もう少しコスパの良いビールサーバーを探してみるね!

\ホームタップの代替え案/
人気ビールサーバーを見る

ビールサーバーを自宅に導入・おすすめはどれ?

ビールサーバー 家庭用

生ビールのような「泡」が作れるビールサーバーは色々ありますが、中にはクリーミーな泡が出なかったり、すぐに泡が消えてしまうような物もあります。今回はあくまでもホームタップの変わり(代替え品)を探してみる。という趣旨の元、調査をしてみました。

ホームタップの代わりになるビールサーバーの条件
・泡がきめ細かくてクリーミー
・コストはなるべく抑えたい
・月々払いのサブスクじゃないサーバー

という条件にあてはまるビールサーバーを研究し、取扱説明書を読みあさり、口コミも読みまくった末に、やっと見つけたのがこちらになります。

ビールサーバー

かっこいい!どんな所がおすすめなの?
クリーミーな泡が出る所が1番のおすすめポイント!あとはね…↓
グリーンハウスビールサーバーの特徴
・クリーミーな泡が出る
・スーパーの缶ビールがそのまま使える
・冷えたビールが飲める
・簡単に洗えて、お手入れ簡単
使い方は?レバーを引いて出すの?
うん!手前に引くとビール、奥に押すと泡が出るの。本物のビールサーバーみたいでしょ?

グリーンハウスビールサーバーは
泡の量を調整できるので、ビールと泡の黄金比7:3が自宅でも作れるのです!

\最安値検索はここからチェック/

グリーンハウスのスタンド式ビールサーバー比較しました!

ビールサーバーには超音波式と炭酸ガス式がある

ビールサーバー種類

ところで、ビールサーバーの豆知識ですが…家庭用のビールサーバーには超音波式と、炭酸ガス式があります。何が違うのでしょう?

超音波式:1秒間に数万回の振動で泡を作る
炭酸ガス式:炭酸ガスで泡を作る(居酒屋のビールはコレ)

因みに、ホームタップは炭酸ガス式になります。実は、炭酸ガス式だと、ビール樽以外にガスボンベが必要なため、家庭用としてはあまり開発されていませんでした。そこに目を付けたキリンが家庭用に使いやすく改良したのがホームタップというワケであります。

ホームタップとグリーンハウスの違い
ホームタップ 炭酸ガス式
グリーンハウス 超音波式

ビールサーバー・グリーンハウスの使い方

グリーンハウス使い方

ビアホールのようなかっこいいビールサーバーのグリーンハウスですが、使い方はとっても簡単です。

グリーンハウス・ビールサーバー使い方
1.付属の保冷剤を冷やしておく
2.保冷剤をセットし、缶ビール(瓶ビールもOK)を装着
3.レバーでビールを注ぐ

使い方動画をみると、もっとリアルにイメージできるので載せておきますね。

ビールサーバー・グリーンハウスの特徴

先ほども、グリーンハウスの特徴はお伝えしましたが、もう少し細かく踏み込んで、ホームタップとの違いをまとめてみました。

ホームタップとグリーンハウスの違い
. ホームタップ グリーンハウス
泡の発生方法 炭酸ガス式 超音波式
ビールは? 専用の1ℓ樽をセット 缶ビール・瓶ビールが使える
価格は? 月々¥8.250~の定額会員制 本体価格¥10.000前後+缶ビール代
\最安値検索はここからチェック/

比べておいてなんですが…
ホームタップとグリーンハウスは、同じビールサーバーでも全てが違います。キリンのホームタップは工場直送の新鮮なビールが届き、泡もガス式でクリーミーな泡が出ます。そして、会員制のサブスクリプションとなっている所に、希少価値を感じます。一方グリーンハウスの位置づけは、キッチンツールの1つとしての「ビールサーバー」です。元々、ガス式のビールサーバーは、ビール樽+ガスボンベの2つが必要で、かなり場所も取るため、家庭用としては不向き、と思われていました。それでも、美味しくてクリーミーな泡の生ビールが飲みたい!という奇病を叶えるべく、誕生したのが超音波式のビールサーバーなのです。超音波式のビールサーバーは色々な種類がありますが、私が調べた中では、このグリーンハウスが、ホームタップに1番近いかな?という結論になり、今回紹介する事にしました。

ホームタップの代替え案まとめ

今日はホームタップの代替え案をまとめてみました。現在は予約待ちですし、「ビールサーバーが待ちきれない!」という時に、グリーンハウスのビールサーバーを試してみてください。

又、グリーンハウスのビールサーバーはプレゼントにも喜ばれると思います。ホームタップだと月額性のため、プレゼントには不向きですが、こちらなら、本体(サーバー)を持っていれば、好きな時に缶ビールを買って楽しむ事ができます。

お酒好きな人!家飲みが多くなった人!へのプレゼントならきっと喜ばれますよ。

もう少し手軽に家飲みを楽しみたい!という人はハンディ・ビールサーバーがおすすめです。2000円前後で泡ビールが楽しめますよ。

それでは!最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました